<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
title はじめに
  静々流 避難所
  (↑更新履歴 兼 避難所)

※このブログでは本などの感想で「続きを読む」の先にネタバレがあります※

マンガに関して、管理人はコミックス派なので、コメント等でのネタバレはそれに沿ってくださいね。
title  カテゴリ
title 検索
title おすすめ
title おすすめ
title おすすめ
title リンク
title その他
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|
あけましておめでとうございます
あまりに久々ですね、すみません。。。

とにかく松山花子先生のマンガの感想をアップしようアップしようと思いながら月日はおそろしいはやさで駈け抜けてゆきました……。


今年はもうちょっとちゃんと更新したいです。
ていうか、感想ちゃんとアップしたい……。

あと、最近はまっているものも紹介したいな、と。


抱負を述べるのってかんたーん(笑笑)
などと言われないように、がんばります。
その他comments(0)|-|
やっとです
かれこれ3ヶ月くらい(自分でもいつからかよくわかってない)ほうっておいた問題を解決させました。
問題とは、今使っているこのブログのテンプレートの問題です。

このテンプレートのオリジナルをご用意くださっている方にはなんの落ち度もないプロブレムでした。
(そこのとこだけは誤解しないでくださいね)

私がいろいろテンプレートを編集しているうちに、いつのまにか発生していた問題なんですよね〜。
IEでこのブログをみると、本文記事部分の灰色の背景画像が横一列分しか表示されないという……。
firefoxでは一面に問題なく表示されていたので修正がめんどくさくて「そのうち直そう」くらいにしか思っておらず……IEでごらんの皆様には大変ご不便をおかけいたしました。

HTMLをきちんと検証して直したので、もうIEでも見辛いことはなくなりました!
あーよかったよかった。
その他comments(2)|-|
重い!!
重いです、jugem!

実は昨日はパソコン自体に触っていないので
いつからこんなに重いのかはわかりませんが・・・ああ重い。


まあ、でも、自分内更新強化月間だった2月が終わったので、
これからはのんびり更新します。
ここが重くて見づらいとき、気になるときは「どうなってるのかな?」と避難所をのぞいていただければ、もしかしたら何か叫んでるやも。


さて、これからこのブログのバックアップを本格的にとります。
その他|-|-|
都々逸で妄想
最近すごくはまっているものは
ずばり

都々逸


ふふふ、なんだかどんどんいろんな道筋からそれていきます私・・・。


一番好きなのは

三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい

です。
超有名な作。
実際に字をあてるなら『烏』かな?
まあでも好みでこの字に変換。
ちなみに、某小説は読んだことありませんのであしからず(笑)
この都々逸(都都逸、どどいつ)自体は、たぶん小学校か中学校のときにはきいたことがありまして、なんとなーく好きでしたね。

最近で言えば、TBSのドラマ『タイガー&ドラゴン』のお正月スペシャルで、銀粉蝶さんが三味線片手に粋に唄っておられましたのはこれです。
聞いてみるといいかもしれません。

さて、他にも好きなのを。
続きを読む >>
その他comments(2)trackbacks(0)
今のうちに
さて、近頃めっきりトラブルのないjugemさんですが、正直安心するのはまだ早いですよね。
私も心の安寧のために、書いた記事は全部バックアップとってますし。

で、サーバー障害とかあったときのために、避難所をもう作っておきました。
障害がおきてから通知しても仕方ないので、今のうちに。


静々流 避難所


もしjugemで障害がおきたときに私がネットから離れていなければ、ここで叫んでいると思います(笑)

普段はjugem版静々流の更新履歴がぽつぽつとのってると思いますので、まあ、のぞかなくてもいいかもしれません。
その他comments(0)trackbacks(0)
最近のお気に入りですよ
ファンタスティポ

国分太一くんと堂本剛くんの特別ユニット、
トラジ・ハイジが歌うスーパー70年代って感じです。
(すみません、70年代はよく知らないので想像です)

続きを読む >>
その他comments(0)trackbacks(0)
ホテルビーナス
2004年3月10日、映画館にて鑑賞。

すごくすごく良かったです。
胸に迫る音楽と映像、そしてストーリーでした。
続きを読む >>
その他comments(0)|-|